知らない奴とのセックス

自分はタチで種付け大好きなので、いつも4階行って寝待ち野郎を探してる。
今回もラッキーなことに寝待ちがいた。
割と人がいるのに、掘られてないから不思議やったっんだけど、
ウケを触ったら種マン状態でケツ振ってきた。

4階では何も言わずに何もつけずに生交尾が礼儀。
なんだけど、このウケ、反応が鈍くて全然盛り上がらない。
キメ過ぎてんのかな?
掘ってたら次第に周りに見物していた奴らが近づいてきて手を出してくる。
いいね、こういうの。大好き。
横に来た奴、坊主でガッチリ。掘りながらチンポみたら、ビンビン!
せっかくなんでかわりに掘るか、合図送っても全然その気はない様子。
相変わらずウケがあんまり盛り上がってないので、なんだかちょっと気分がなえてきた。
チンポ抜いてシャワー浴びに行った。

しばらくして館内を回ってもやっぱり4階かな?って4階に戻ったら、
さっき横にきた坊主ガッチリがさっきとは違うウケを掘ってタチってた。
ケツマンに出し入れされているチンポに触るとゴムはついてんない。
デカくはないけどガチガチでビンビン、ウケは気持ちよさそうだ。
「すげー、生掘りじゃん」
って言いながら、チンポ触ったり、ウケいじったり、タチ坊主いじってたりしてたら、
突然、タチ坊主にキスされた。
お返しに奴の乳首をさわる。コリコリの乳首を軽くなでていたら、感じ始めたみたい。
もしかしてこのタチ坊主、ケツもできるのか、せっかくなんで後ろから入れようかなと、
移動しようと俺が腰を浮かせた隙にケツ穴に指当ててきた。
「ケツ掘らせて」と言われ、
「俺もタチなんで」と言うと、
「一回やってみよ」
なんてニコっと笑顔で言われた。俺、こういうの弱いんだよな。
タイプだし、デカマラでないから大丈夫か。
勢いでやってみることにした。

タチ坊主がウケからチンポ抜いた。蒸気がたつかと思うくらい熱い。
俺はヤバいのを受けるのはやなんで、ゴムをお願いした。
指から馴らしてゆっくりゆっくり入れてもらった。
ゴム付けたタチ坊主のチンポが入って来た。
案外、楽に入った。

でも、そんなに気持ちいいってほどでもない。やっぱ俺、タチなんだ。
しばらくして
「ゴム外して生でやりてぇ」
「やっぱ無理っす」
と答えると、チンポを思いっきり抜かれた。そのまま、上半身に乗ってきて濃厚にキス。
なぜか足を持ち上げられ誰かのチンポが入ってきた。
ヤバいとおもったけど、タチ坊主とはキスしてる、抑えられてて、チンポ入れられてしまった。

そのあと、なぜかタチ坊主とケツにチンポ入れてる奴がキスしている。
掘っているのはヒゲのガッチリ親父。
キスも終わり、親父は自分に耳打ちしてきた。
「種もらったか?」と聞くんで、
「セーフなんで」
と答えた。親父がニヤニヤして腰を急に早めてイッタ。
チンポ抜いたら周りから、
「種付けしたんか?すげー」
精子のにおいがしてきた。

しまった。やられたと思った。立ち上がろうとしたら、タチ坊主がまた掘ってきた。
耳打ちしてきた。
「気持ちよくなってくるよ、種マンや」
生かどうかなんてもうどうでもよくなった。
ケツに入っているタチ坊主のチンポがどんどんでかくなって、
俺のケツの奥になんかへんな感じが広がる。
ディープキスされた。
俺もさっきまで生掘りしてたし、ここ、4階でやってたら拒否すんのダメだって知ってたしな。

終わったあと、親父もタチ坊主もすぐ居なくなって、
俺はトイレに行ってケツから精子だそうとしたら種出てきたけど、血も出てた。
ヤベーかも。
俺、やばくなったかもしれないけど、知らない奴とのセックスやめれないなあ。
関連記事