ディープな初体験

30歳で離婚した。理由は淡白な夜の性活だった。
空虚な生活に刺激を求め、性感ヘルスに行ってからアナルに目覚め、
バイブまで購入してアナルオナニーにハマっていた。

真夏に飲み会で激酔いして、フラフラ入ったストリップ小屋で、
ロリ系のストリッパーに欲情して勃起したが、
眠気に負けてウトウト下半身の、、、局部の刺激にハッと目覚めると、
ひげ面のいかつい男にフェラされていた。
そのフェラは亀頭を舌で捏ね回し、キュッと吸い付きズボズボ音を発てている。
セックスは淡白だがフェラは大好きな俺が女では味わった事のない感覚に、
酔いしれ思わず抵抗もせずに快感に身を任せて射精した。
親父はニヤッとして、去っていった。

射精して我にかえった俺は、チンポを洗い流したくてたまらなくなり、
小屋を出て、公園のトイレで、チンポを洗っていたら、
マズい事に、そのトイレはいわゆる発展場だった。
しかも俺の服装は、タンクトップに短パン姿、
しかも短パン膝まで下げてチンポ洗ってる姿は、いかにもって感じだよね。
すかさずケツを触られた。

振り返ったら3人組のマッチョ系が、ギンギンチンポをモロだししていた。
​恐怖に硬直してしまい、有無を言わさずに全裸にさせられて、
公園の土手に倒されて、身体中を舐められて初のキス、、、いや、ベロチュウ、
そして、フェラ、シュワッとした味が口に広がる。
四つん這いにされて、すでにアナルには指が2本、3本と入りクチュクチュ音をたてている。
何時ものバイブより、太く長い反りかえったチンポが容赦なく挿入され、突き上げられる。
アナルに3人目のチンポを飲み込んだあたりで腰の辺りに電気が走り、
快感で女の様な声を上げていた。
男達はそろそろ種付けてやるぞって口走るが、意味が解らない。
種付けて下さいって言えと強要され、言われるがまま言うと、
チンポがビクビクと響き、アナルの中で熱い物が弾けた。
続け様に3人の種を中出しされた。

男達が立ち去った後も腰が抜けて立てない。
ザーメンが垂れたガン開きした穴を突きだした格好は、好きに種付けして下さいって言わんばかりだ。
行為を眺めていたギャラリー達が次々に俺の穴で性処理して行った。
もう何人に中出しされたか解らなかった。

辺りが明るくなりだしてようやく脱力感を背負いながら立ち上がり衣服を探すと、
トイレの便器に捨ててあった。
小便臭い服を洗っている最中もザーメンが股を垂れてくる。
しかもチンポはギンギンだった。
ザーメンで身体中パリパリだったけど濡れた服を着て、フラフラ歩き出した。

悲しくて情けなくて涙がにじむけど、後悔感はなかった。
だって、昼にはアナルが疼いて、バイブでオナニーしたぐらいだから。
もう全然満足感は得られなかったけど。

それからは毎夜毎夜、あの日の事を思い出して、
新しく購入した極太バイブを激しく出し入れして、
輪姦やレイプ系のカキコを見て、自分に置き換え妄想オナニーする毎日。
でも、まだ発展場や掲示板を使う度胸がない日々を送っていた。
でも昨日、明るい午後ならって、あのトイレに行ってみた。
車であの時のタンクトップにノーパンに短パン姿で、怖いけど、淡い期待を抱いてたんだ。

個室には、目を疑うような卑猥な落書きが目に飛び込み、しばらく読みふける。
自然に下半身モロだしでチンポをしごいていた。
すると、誰かがコンコンとノックしてきた。
不味いって思い息を殺して居留守した。
でも、ハッと気づいた壁に穴が開いている。
しかも青筋チンポがニョキッと出ている。カリが張った極太チンポだった。
カウパーが床に糸を引いていた。
思わずしゃがみ口にほうばると、10分程で口内射精された。
久しぶりの苦い味が口に広がった。
次の展開をドキドキしながら待ったけど、さっさと帰った様だ。
少し拍子抜けだった。

暫くして外に気配を感じ、恐る恐るドアを開けた。
何だよヤル気満々だな、ってガテン系の男が入って着てズボンをずらした。
何時もの極太バイブよりふたまわり太いヘソまで反り返ったチンポにくぎづけになった。
すると、頭を押さえられ喉の奥にまで突っ込まれ、ゲホゲホえづいた。
喉マン気持ち良いぞと興奮して、有無を言わさずに立ちバックでグイッと挿入された。
ローション無しだったけど、自分のヨダレで案外スムーズに根元まで飲み込んだ。
しばらくピストンされ、我を忘れ鳴いていると、
男が更に興奮して、俺の両手を水道管に縛りドアを開けた。
おおっスゲーサカってんなって、首だけ振り返ったら、
数人の親父がチンポを扱きながら今か今かと待ち構えてる。
気が狂いそうな程興奮して中に出してと懇願していた。
アナルの中で熱い物が弾けた。
そして、変態とか種壺とか罵倒されながら、入れ替わり立ち替わり種付けされ、
最後は中で小便までされた。
ザーメンとは違う、熱い物が長い間投入され、足がガクガクする程快感に打ち震えた。

終わったと一段落したかに思ったけど、全裸に剥かれて、
紐を首にくくられ、後ろ手に縛られ、
勃起チンポの根元を輪ゴムで極められ、公園内を連れ回されて。
刺さる視線に恥ずかしさで意識が飛びそうになりながらも、我慢汁が糸を引いた。
ベンチで数人に上と下の穴を輪姦され口にも放尿され噴水周りでは、
数人の見てる前で公開オナニーさせられ、
最後の羞恥心が吹き飛び、今では毎週末肉便器になっています。

本当は毎晩欲しいけど、輪姦は週末だけにしている。
その方が性欲が爆発して楽しめるんだ。

最近いい感じのロイヤルに…

最近いい感じのロイヤルに…

到着すると結構靴のカギが無く、人がそこそこ居る感じ。
着替えてケツを洗いに行って、とりあえずサウナに入ることにした。
もちろんケツにはオイル仕込んで、いつでも挿入できるようにしてミストへ。

しばらく暗闇に目が慣れるまで立ってぼーっとしてたら、
いきなり乳首を触られた。
俺は乳首がかなりモロ感なんで触られるだけでギンギンに。
目が慣れてきて相手を見るとがっちりしたうまそうな兄貴だった。
これは食っとかないと!と思って即フェラに、
太さと、長さがそこそこで最初にするなら割といい感じのマラだった。

フェラしながらケツをいじってると立たされて立ちマンで挿入。
角度がいいのかいい感じのところにあたって気持ちいい!
「お前のケツマンたまんねぇな!すぐいきそうだぜ!」
「あ、あ~いい!!!」
俺は先走りガンガン出まくりで喘ぎまくり。
狭いミストサウナの中に響いてかなりエロかった。
「やべ!いきそう!いくっ!!!!」
兄貴はそれだけ言うとケツの中に温かいものが流れてきた。
「あ~~…」
俺はそれだけで感じてしまってかなり満足!!
抜いたマラをしゃぶってきれいにして兄貴は出て行った。

さすがに暑くなってシャワーを浴びて休憩しようと思い、
その日は地下が開いていたので、地下の個室でとりあえず寝ることにした。
まぁいつ誰が入ってきてもいいようにうつ伏せでケツから種垂れ流しで。

しばらく誰も来ずにウトウトしてるとドアが急に開いた。
すぐにケツを触ってきて穴をいじってくる。
「んっ!!あ~…」
いい感じの指使いですっかり感じてしまった俺はケツを少しあげ、マラの挿入を待っていた。
軽く後ろを見るとガチ太のオヤジがいて、これまたタイプなのでますますやる気に!!

オヤジはしばらくゴソゴソしてるとケツにマラをあてがった。
太さが結構あって一回種付けされて程よく緩んだケツだったので、なんとか挿入できた。
しかし、感触がどうも生じゃなく残念ながらゴム付き、
まぁタイプのオヤジだしいいかと思いながらしばらく太マラを楽しんだ。
しばらくするとオヤジの様子がちょっと変に。
「お~気持ちいいな~、種マンのくせにいいケツしてるじゃないか」
たぶん掘られて種が出てきたのがばれたか…。
「あ、ああぁぁ!!いいです!気持ちいい!!」
「俺の種ヤバいからゴム付けてやってるけどどうする?」
こんなこと言われたらはずしてもらうしかないでしょ!!
というわけで、
「大丈夫っす!はずして生で掘ってほしいです!」
「ええのか?ヤバ種やで?まぁこんな種壷ならお似合いやな!」
その言葉にかなり上がってしまって、
「うっす!オヤジのヤバ種で孕ませてほしいっす!!」
「よーしわかった!!たっぷり濃いヤバ種だすぞ!!」
そう言われて中に濃い種が流れ込んできた。
「あ~~ヤバいっす…気持ちいい…」
しばらくすりこむように太マラで掘りこまれて最後の一滴まで入れてもらった。
「ふぅ…これでヤバ種壷の出来上がりだな。もっとヤバくなったらまた入れてやるよ」
オヤジはそれだけ言うと腹の下に布団を丸めて入れて、
ケツが持ち上がってる状態にしてからどこかに行ってしまった。

俺はヤバ種付けられた興奮と快感で動けず、ケツから種を垂れ流しにした状態で放置され、
いろんなオヤジや兄貴がのぞきに来ては種を付けられどんどん種壷になった。
最後にまたヤバ種オヤジが来て、
「お~いい具合の種マンになったな、それじゃもう一度種つけてやるからな」
と最後の交尾をした。

結局この日は一晩で6~7発種貰った。
うち結構な数がヤバ種だったかも。
まぁこんな俺だけど良かったらヤバ種仕込んでくれるか、
仕込まれたいやついないかな?
どんどん変態になりたいな。